赤ちゃん・幼児はおもちゃで社会性を育むomotyakataduke

 

 

こんにちは、みかんママです。

 

 

前回は、年齢別におもちゃの選び方を考えてみましたが

 

関連記事:赤ちゃん・幼児の知育おもちゃを年齢別で選んでみます

 

今回は、おもちゃにはどういった役割があるのか?という観点から

 

どんな関わり方をすれば、赤ちゃん・幼児の社会性を広げるような

 

おもちゃ遊びが出来るかを様々な遊び方から見ていきましょう。

 

 

おもちゃで社会性を育む

おもちゃで遊ぶと言っても、気付かないうちに色々なパターンが

 

存在するのはお気付きでしょうか。

 

発達とともに変化していくおもちゃ遊びを見ていきましょう。

 

ママ(パパ)と一緒に遊ぶ

赤ちゃんは、最初おもちゃを使った遊びを知りません。

 

ママがおもちゃを使った遊び方の手本を見せてあげる事で

 

赤ちゃんがおもちゃに興味を持ってくれるようになります。

 

大切なのは、ママが楽しそうにおもちゃを使って赤ちゃんの

 

興味を引きつつ、一緒に遊びたくなる様に誘導してあげる事です。

 

 

一人でおもちゃ遊び

段々おもちゃを使った遊びに慣れてくると、

 

今度はママと一緒に遊んでいたおもちゃを使って一人で遊ぶようになってきます。

 

「一人遊び」なんて呼び方をしている事もあります。

 

この一人遊びの段階で、思考力や想像力を育み、手先指先の使い方を覚える

 

知育面や体育面から見て、とても良い刺激があるので

 

何か危険がある時以外は、赤ちゃんの自由にさせてあげましょう。

 

そのおもちゃの本来の使い方でない事も良くありますが

 

それはそれで、素晴らしい発想じゃないですかね(´▽`*)

 

 

お友達とおもちゃの並行遊び

保育園や友達の子供など、至る所で他の赤ちゃんと一緒に遊ぶ事もあります。

 

赤ちゃん同士が一緒におもちゃで遊んでいなかったとしても

 

並行しておもちゃを使っている赤ちゃんがいる事で

 

他に同じようにして遊んでいる存在に気付きます。

 

その存在を感じる事で、少しづつ周りの世界が広がっていきます。

 

 

お友達とおもちゃの連合遊び

自分以外におもちゃを使って遊んでいる存在を知ってから

 

だんだんとお互い一緒に遊んだりするようになる子もいます。

 

人見知りの子もいるので、お友達と一緒に遊べるようになる時期に

 

多少の差が出てくる事もあると思いますが、遅かれ早かれお友達と

 

複数人でおもちゃを使って遊ぶことを覚えていきます。

 

 

お友達とおもちゃを共同して遊ぶ

このレベルになってくると、赤ちゃんではなく幼児だと思いますが

 

かなり社会性が発達してきていますよね。

 

一つのおもちゃを使って複数で遊んだり、

 

おままごとを一緒にやったり、役割分担して遊んだり、

 

時にはみんなの話し合いで遊びが発展していく事もあります。

 

 

この様にして見ると、大人になってから友人が出来たり

 

仕事仲間と打ち解けたりする流れによく似ています。

 

子供の世界も大人の世界も同じように社会が広がっていくのですね。

 

 

おもちゃで社会性を育む:我が家のケース

我が家の子供の場合は、おもちゃ遊びが大好きという事もあり

 

私が手本を見せなくても「早くよこせ」といった感じで奪い取られていましたね(笑)

 

おもちゃ本来の遊び方なんかまったく関係なく、好き放題いじくりまわしていました。

 

時にはおもちゃではない物も、おもちゃにされていましたね(笑)

 

 

成長するにつれて、至る所で同年代のお友達と会う事が増えてきて

 

おもちゃを取りあったりするのかな?と見ていたら

 

我が子はおもちゃよりも同年代の子に興味津々で

 

おもちゃをほっぽり投げて、お友達に遊ぼう遊ぼう!とせまっていました(笑)

 

 

なので、おもちゃを通じて社会性を育むパターンとは少し外れていますが

 

人間好きの性格上「一緒におもちゃで遊ぼう!」といった感じではなく

 

「おもちゃでも何でも渡すからとにかく遊ぼう!」って感じでした。

 

なので、家にいるときはおもちゃを片づけたりすると

 

怒ったり泣いたりする事もあるのですが

 

同年代の子供を見つけると、自分の持ってるおもちゃを差し出したり

 

渡したりしながら近づいていく位「おもちゃ<お友達」になってました。

 

それはそれで良いのですが、

 

押しが強い為、相手のお友達がキョトンとする事も多いです(笑)

 

 

おもちゃは、子供ながらに「たのしいもの」という認識があるので

 

社会性を育むチャンスがあれば、おもちゃを上手く使っていきたいですね。

 

時には取り合いなどの喧嘩にもなると思いますが、

 

そんな時も普段はできない躾のチャンスでもありますよね。

 

 

「赤ちゃん・幼児はおもちゃで社会性を育む」最後までありがとうございました。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ