子どもの脳に良い食生活

家族で囲む食卓で「心」を育む

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典syokuji_boy

家族で囲む食卓で「心」を育む

生活パターンの多様化によって、家族全員が揃って食卓を囲むことが難しくなってきています。

しかし、毎回でなくても、家族全員で食事をする時間を大切にしてください。

食を通じて子どもに教えてあげられることは、たくさんあります。

旬の素材を取り入れることで、「キュウリは夏の野菜だ」ということが分かります。

メニューに使われている食材を知ることができます。

お箸の使い方や姿勢、大皿に盛られたおかずを譲り合うということも学びます。

また、食卓では、その日あったことを話し、家族の関係を密にする場でもあります。

結婚式などのお祝い事のパーティーでは、必ず親しい親族や友人が集まって皆で楽しい話しをしながら食事をしますよね。

逆に告別式の後には、皆で悲しさを分け合うように、故人を偲んで食事をしますよね。

実は、食事は嫌いな人とすると、代謝が非常に悪くなり、同じものを同じように食べていても栄養の吸収率が悪くなるのです。

逆に、好きな人との食事は代謝が上がります。

家族で和やかに食事をすることは、体にとっても大切な事なのです。

特に、子どもが成長し、保育園・幼稚園、そして小学校と集団生活に進んでいくと、子どもが外で何をし、何を考えているのか、見えなくなってきます。

しかし、食卓を一緒に囲んでいることで、子どものその日の様子などを伺うことができます。

口に出さなくても、今日はいつもと何かが違う、今日は元気がない、何かいい事があったようだなど、自然と感じ取れるようになってきます。

人間は食べなくては生きてはいけません。

しかし、お腹が満たされればそれでいいというものでもありません。

誰かと一緒に食事をしないことは、人と人が共に生きていく心を育むことができません。

子どもの成長にとって、とても貴重な時間であるということを常に意識して、1回の食事を大切にしましょう。

お母さんの「ご飯よ!」という声が響くたびに、家族の関係が密になっていくのです。

大人も子どもも忙しい現代ですが、1日3回の食事を1年間続けると、1095回も子どもと向き合うチャンスがあるのです。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)