赤ちゃん

赤ちゃんのおやつ

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典0akatyan_taberu01_d_02

赤ちゃんのおやつ

離乳食が進んできた赤ちゃんには、1日1回おやつタイムを設けましょう。

おやつは離乳食で不足しがちな栄養素(カルシウム、鉄分)を補強するために食べるものです。

赤ちゃんのおやつ:【おやつを与える時期】

1日3回の食事を取るようになるタイミング、つまり1歳頃の時期が良いでしょう。

離乳食を食べたのにまだ欲しがるようなそぶりを見せたら、おやつの登場です。

おやつは食事と食事の合間に与えます。

離乳食の時間にもよりますが、午前中のおやつなら10~11時、午後のおやつなら3時~4時が間隔として妥当でしょう。

赤ちゃんのおやつ:【おやつの与え方】

おやつでお腹いっぱいになってご飯を食べなくなってしまっては、本末転倒というものです。

おやつはあくまで補助の役割です。

与える量を決めておき、欲しがるだけあげるというのは止めましょう。

またおやつは食べるけどだらだら食べている、遊びながら食べているという状態なら隙を見て下げましょう。

赤ちゃんのおやつ:【おすすめのおやつ】

市販のおやつは高カロリーですし、調味料・保存料・着色料・香料等あまり赤ちゃんの体に与えたくないものが入っています。

赤ちゃん専用のおやつを買ってあげましょう。

赤ちゃん専用のおやつはパッケージに月齢が書いてありますので、すぐ分かります。

では、具体的にどのようなものが販売されているのでしょうか?

○小魚せんべい
赤ちゃんの月齢の応じた食べやすい固さのせんべいが売られています。カルシウム不足に役立ちます。

○卵ボウロ
昔ながらの人気のおやつです。家で手づくりすることもできます。

○蒸しパン
電子レンジでチンするだけで出来るお手軽おやつです。

○ビスケット、クッキー
赤ちゃん用に柔らかく焼き上げられています。くずが出やすいので、食べ終わった後のお掃除をしっかりしましょう。

○昆布
おしゃぶり昆布が有名ですね。ミネラルが豊富でカロリーは低めです。

赤ちゃんのおやつ:【おやつを食べたら・・・】

白湯は麦茶で口をすすいであげましょう。

歯みがきをしても良いです。

とにかく歯が大分生え揃ってきている時期ですので、そのまま放置するとむし歯の原因になります。

おやつと聞くと甘いもの、太るもの、体に悪いものというイメージが強いです。

しかし、おやつとお菓子を混同しないで下さい。

赤ちゃんに与えるのは「おやつ」です。

食べた後にきちんと歯みがきをしてあげれば心配ありませんし、カロリーや着色料が気になるならお母さんが手作りしてあげれば良いのです。

むしろバランスよく栄養を取ることに注目し、積極的に与えましょう。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)