手や指先の機能を育てる遊び

子ども(1才~1才6ヶ月)の運動機能を育てる遊び4選

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典fumira_carあんよ期にお勧めしたい、体を使って運動機能を育てる遊びをご紹介します。

1.おうまパカパカ

全身のバランス感覚を養うこの遊び。おんぶの時、まるで馬に乗っているかのように、お母さんの背中と赤ちゃんのおなかをくっつけないのがポイント。

お母さんが腰を曲げて「おうまさん、パッカパッカ」と言いながらリズミカルに歩くと、赤ちゃんは落ちないように、お母さんの背中で自然とバランスをとるようになってきます。

バランスをとる練習をすることで、歩いたり走ったりという動きもスムーズにできるように。びっくりしないように、最初はゆっくり、慣れてきたら少しずつテンポアップしてみましょう。

2.のりもの大好き

男女問わず大人気なのは、赤ちゃんが乗って動かすことのできる乗り物のおもちゃ。乗り物の上でのバランスのとり方や、乗ったまま前に進むための足の使い方などを学ぶことができます。

慣れるまでは、乗せる時に大人がサポートしましょう。足でこぐという動きは、思っている以上に難しく、バックしてしまったりしてなかなか前進できません。

そっと後ろから押して手助けをすると、そのうち足で地面をけるコツがわかり、前進できるようになります。

次に、手や指先の運動や機能を促す遊びをご紹介します。

1.つまんでごらん、じょうずだね~。体を使った遊び。

指先の運動機能を発達させるのと同時に、集中力も養うことができる遊び。

親指とほかの4本の指を、それぞれ独立して使えるようになると、皮膚・筋肉・関節から脳に刺激がたくさん与えられます。

お皿の中に入れた干しぶどうやボーロ菓子をつまんで出させたり、ボール紙を小さな円の形に切ったものを準備し、つまんでコップに入れさせたり。達成感もひとしおなので、じょうずにできたら、おおげさにほめてあげましょう。

ただし、気をつけたいのは万が一の誤飲事故。必ず大人がそばについて見守りましょう。

2.シールはがそ。おもちゃを使った遊び。

自分の指先がより器用になったことを、実感できる遊びです。

ビニール製のテーブルクロスやプラスチックの下敷きなどを固定し、2cmほどに切ったカラフルなビニールテープをぺたぺたはったりはがしたり。

カラフルなテープを使うことで、色彩感覚も豊かになります。ビニールテープは本物のシールよりはがしやすく、お勧め。さらにはがしやすくするためには、つまめるように、テープの幅を少し内側に折ります。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)