2~3か月

第12週【生後2ヶ月】鏡を使った自分の顔を認識させる知育遊び

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典fumira_papababy4_s

【生後2ヶ月】になると、見たり聞いたりする力が発達

他人と接することに興味が出てくるのも、この生後2ヶ月の時期です。

今回は生後2ヶ月でもできる鏡を使った知育遊びで、他人への好奇心自分の顔の認識力を上げるという2つの効果があるものを紹介します。

【生後2ヶ月】の赤ちゃんが鏡を使った知育遊び

大きな手鏡か、触っても割れない安全な鏡、そして紙皿を1枚を用意します。

鏡に赤ちゃんの顔を写して、まず赤ちゃんに自分の顔を認識させます。

ママは鏡をかざしながら赤ちゃんの名前を呼び、「○○ちゃんの顔が見えるね」と話しかけます。

そのままの状態で、赤ちゃんと鏡の間に紙皿を差し込みます。

これで、赤ちゃんの視界は遮られてしまいました。

でも、紙皿を左から右に少しずつ動かすことで、また自分の顔が見えるようになります

この時、もう1度声をかけるのですが、その時は「いないいないばあ」「またお顔が見えたね」等の声かけをしましょう。

そして、これを何度か繰り返しましょう。

【生後2ヶ月】の赤ちゃんがいないいないばあで知育遊び

赤ちゃんは生後2ヶ月であっても、多少人の顔を認識することが出来ます。

その顔が大げさだったり面白い顔の表情をしていれば、特に良い反応が現れます。

次は、ママの顔を紙皿で隠し、同じように左から右に動かしながらママの顔を見せます。

「いないいないばあ」「○○ちゃん、みーえた」と声をかけた時、赤ちゃんはどんな反応をするでしょうか。

もし反応があれば、生後2ヶ月にして赤ちゃんはゲームのやり方を理解したということになります。

他の知育遊びと一緒に、この知育遊びを並行して行って下さい。

そして、ただ「見えた」「いないいないばあ」とだけ言うのではなく、必ず「○○ちゃん」と赤ちゃんの名前を呼んであげて下さい



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)