【毎週変わる!】0歳から3歳までの知育遊び

【3歳第21週】スポンジを使って絵を描く知育遊び

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典

【3歳】からの知育遊びの効果

絵を描くというと、私達は筆を使うことを連想します。

しかし、筆以外の道具を使って絵を描くことは可能であり、その方法には色々なやり方があります

その中でも、今回はスポンジを使って絵を描く知育遊びを紹介します。

この知育遊びでは、

  • ペタペタとスポンジを押しつける時の感覚
  • スポンジを濡らす感覚
  • 絵が乾いていくことの認識

等にも効果があります。

【3歳】からの知育遊び用の亀の準備

絵の具を使って、画用紙に亀の甲羅の形を描きます。

紙皿に描いてもかまいません。

また、別の紙で、頭と足4本、しっぽを作ってくっつけます。

更にスポンジ(大きな穴が開いているものが好ましいです)を手頃な大きさに切って置いておきます

【3歳からの知育】筆以外でも絵を描こう

まず、3歳の子供に亀を見せます。

足の数を数え、足が4本、しっぽが1本、頭が1つ、模様のある硬い甲羅が1つであることを認識させます。

亀の写真を見せて、その他の特徴も説明します。

それが終わってから、「この亀の甲羅に、模様をつけることができるよ」と言います。

絵の具を少しお皿に出し、スポンジの一部分を絵の具に浸すところを見せます。

ママはスポンジを慎重に動かし、亀の甲羅の上にペタペタと押しつけます。

亀の甲羅全体に綺麗な模様ができるまで、スポンジを何度も押しつけます。

模様が乾くまでの間に、絵の具が濡れていること、時間を置けば乾くことを説明します。

洗濯もののような濡れた服が水分が蒸発して乾いていくように、絵の具も蒸発するものであり、また水分が蒸発すれば乾くということを理解させます

スポンジの他にも古い歯ブラシ、瓶のふた、洗濯バサミといったものを使って、模様を作っていきましょう。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)