【毎週変わる!】0歳から3歳までの知育遊び

【3歳第30週】大きさの違う三角形を使った知育遊び

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典

【3歳】からの知育遊びの効果

この知育遊びを習得すれば、形と大きさの理解をさらに深めることができます。

今回学習するのは、三角形と四角形です。

大きさの違い、形の違いを目の当たりにすることで、認識を深めていきましょう

【3歳からの知育】3つの三角形

A4サイズの厚紙を3枚用意します。

横向きにして三角形に切り取るのですが、大きさが大・中・小となるように切り取ります。

切り取ったら、3つの三角形を3歳の子供に見せます。

それから1番小さい三角形と、その小さい三角形を切り取った切れ端がある紙を見せます。

これは小さな三角形だね」と確認しましょう。

中くらいの三角形、大きな三角形でも同様のことをします。

中くらいの三角形だね」「1番大きな三角形だね」と3歳の子供に声をかけてください。

【3歳からの知育】三角形のパズル?

さて、全ての三角形を確認し終えたら、1番大きいものを下にして大→中→小の順に乗せていきます。

その様子を3歳の子供に見せてください。

そうしたら、三角形と切れ端の紙をぴったり合わせるように指示します。

パズルの要領です。

3歳の子供がルールを理解していないようなら、手助けをします。

大丈夫そうであれば、三角形と紙をバラバラにして置き、正しい組み合わせになるようにやらせましょう

【3歳からの知育】三角形を使った形

ところで、大きい三角形を下にして上に積み重ねていくと、ある形に見えますよね?

そう、クリスマスツリーのもみの木です。

もみの木の形を作ってといえば、3歳の子供はそれを作ってくれるでしょうか。

わからないようであれば、クリスマスツリーの話をして教えてあげましょう。

【3歳からの知育】形を学習する

三角形には辺が3つ、角が3つあります。

そして、四角形には辺が4つ、角が4つありますね。

ママは適当な紙に四角形を描き、3歳の子供が四角形を理解しているか確認します。

場合によっては、3歳の子供に三角形と四角形を描かせるのも良いですね。

点線をなぞれば三角形、四角形になるように、あらかじめ点を打っておいてあげればわかりやすいです



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)