年齢別-知育方法

幼児(2才~3才)の意欲・知能を育てる遊び4選

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典sanpo幼児(2才~3才)の意欲・知能を育てる遊び4選を紹介します。

1.お花きれいだねー、あっ鳥さんだ!おそとを探検。意欲・知能を育てる遊び

子どもにとって「おそと」はいつでも楽しい冒険の世界。いろんなところを探検することで、知的好奇心や探究心が育ちます。

スーパーまでの道、駅までの道、おばあちゃんの家に行ったときのご近所など、あちこち散歩しながら、季節の花や昆虫、動物、空の色、雲の形、周りのお店などを観察しましょう。

「わんわんいるよ」「かわいいね」「パン屋さんみつけた」「いいにおいね」目にしたものを言葉にして、子どもと感想を伝え合いましょう。

2.宝物ど~こだ?あった~!!おもちゃを使った意欲・知能を育てる遊び

宝物探しで、対人ゲームの過程を楽しむ力を育てます。まずはルールを理解して答えを考える事を教えてあげましょう。

テーブルの上にカップを3つ伏せて、その中の一つにミニカーなど子どもが大好きなおもちゃを隠します。お母さんが「宝物ど~こだ?」と話しかけて、子どもにどれか一つを選ばせます。

カップを上げて当たっているかどうかを確かめます。もし難しくて子どもが興味を示さなければ、ヒントを与えてもOK。「お花のカップの下にいるよ、みつけてよって言ってるよ」見つけることができれば、子どもも楽しくなって遊ぶようになるでしょう。

3.ジグソーパズル。おもちゃを使った意欲・知能を育てる遊び

バラバラになったジグソーパズルを作っていく作業は、記憶力を高めたり、記憶を保つ時間をより長くするのにとても効果的です。

まずは完成した絵を見せたあと、バラバラにして大人が作ってみせます。要領がわかるまで大人がサポートしましょう。初めは16ピースくらいの簡単なものからスタートするのがおすすめ。

慣れてきたらピース数の多いものにチャレンジするといいでしょう。乗り物や動物など、子どもが好きな絵柄のパズルを選ぶと、熱中して遊びます。

最初はお気に入りの人気キャラクターのこの位のレベルが良いですね↓
アナと雪の女王 ジグソーパズル…楽天

4.おもちゃを使って、三輪車!意欲・知能を育てる遊び

三輪車は、ペダルを踏むことで、歩くよりも早く前に進むことができます。

三輪車を乗りこなすことで、移動もずっと広範囲に。将来、ひとりで行動するために必要な基本的な交通ルールを教えるのにも、最適です。自転車遊びの準備段階として、安定して乗りやすい三輪車でペダルを踏む練習を何度もしてみましょう。

初めはこぎ方のコツがわかりにくいもの。お母さんがペダルを乗せた足を交互に動かして、こぎ方を習得するようにしましょう。遊ぶ時には、くれぐれも道路に飛び出さないよう、十分気をつけましょう。

安い物だとこれくらいからありますね↓
足こぎ/折り畳み三輪車



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)