幼児教育

【海外の知育】アメリカの幼児教育は厳しい?

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典

教育方法についての悩み

育児中のママの多くは教育方法について悩んでいるのではないでしょうか?

怒らないしつけ?

褒めて伸ばす?

今の世の中、たくさんの情報で溢れていて何を信じて良いのか迷いますよね

そんな中、アメリカでは日本の教育方法が甘いと言われているのをご存知ですか?

アメリカでは、産まれて間もない乳児でも部屋に1人で寝かせています。

日本人からすれば厳しいと思われがちですが、アメリカ人の幼児教育というものは子どもを子どもとしてみるのではなく、1人の人間としてみるということです

なので、幼児教育というよりも1人の対等な人間として接するといったところでしょうか。

日本では考えにくいですね。

アメリカの幼児教育と日本の幼児教育、どのように違うのか、さらに詳しくみていきましょう

日本の家庭内の幼児教育

父親が働き母親が家事や育児などの家のことをする。

そして母親が育児の中で幼児教育をする。

これが、日本の古くからの考えとしては主流なのではないでしょうか。

最近では共働きの家も多いと思いますが、基本的には母親が幼児教育をするという考えの方が多いように感じられます

アメリカの家庭内での幼児教育

アメリカでは基本的に共働きの家庭が多いです。

共働きが基本なので、家事も家族みんなでするという考えが主流なようです。

アメリカでは父親だから、母親だからという役割分担は基本的にありません。

子どもも大きくなれば手伝います。

こういった点で、子どものことも子どもだからという視点で見るのではなく、1人の人間として見るという教育方針に繋がるのではないでしょうか

日本とアメリカの幼児教育の大きな違い

家事を家族でするだけの違い?

と思った方もいますよね。

しかし大きな違いがもうひとつあります。

それは子どもを子ども扱いしないということ。

どういうことなのでしょうか?

日本では子どもが小さなうちは意見を尊重するということが普通です

しかし、アメリカでは違います。

例えば、休日に出かける場所で意見が分かれても親が譲るということはありません。

厳しいと思うかもしれませんが、これが子どもも1人の人間としてみるというアメリカでの考えなのです。

このように、アメリカのような幼児教育をすることによって子どもは自立することが早くなります

そして、自尊心が芽生えるのです。

アメリカの幼児教育を参考にする

アメリカからすれば日本の幼児教育はとても甘いです。

だからといって、アメリカの幼児教育が正しいというわけではありませんが、育児中のママやこれから出産予定のママの幼児教育の参考にしてもらえればと思います



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)