知育について

ベビーサインを覚えさせようとしました。

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典baby_haakuhansya

知育や勉強法を実施した時のお子様の年齢を教えてください。

0歳

知育や勉強法を実施した内容を教えてください。

まずは、ベビーサインの無料講習会へ応募しました。

講習会当日までは、メールで案内がありました。

そこには、ベビーサインとは母と子の意思疎通を図るものであり、コミュニケーションとしても有効である事とされていました。

我が子に実践したのは2つ。

両手のひらを合わせて頬に手をあてる「ねんね」のしぐさと両手をグッパして繰り返す「ぱいぱい」のしぐさでした。

毎日欠かさずおっぱいを飲むたび、昼寝や夜寝る時にベビーサインをやって見せました。

我が子は不思議そうに、興味深そうにそのしぐさを見つめていました。

特にぱいぱいのサインは、嬉しそうににっこりと笑いながら見ていることが多かった様に思えます。

ねんねのサインはやはり眠い事もあり、あまり集中して見れていないとおもいます。

ベビーサインの先生はとにかく根気よく、あせらず、楽しくコミュニケーションの一環として行うことがとても重要だとおっしゃっていました。

そのため、我が子にもあまり今詰めず、まぁそのうち出来るかな。という心持ちで実践しました。

知育や勉強法を実施した結果どうなりましたか?効果はありましたか?

さて、ベビーサインを実践した結果ですが。。。

うちの子は実践してから3ヶ月程経ちますが、まだにこにこ私の仕草をみているだけです。

新たに、「いただきます」と「ごちそうさま」のサインを追加しましたが、こちらもまだ本人は出来ていません。

しかし、このベビーサインを実践しようとして大きく変わったのは母親である私の方でした。

我が子を分かろうという気持ちがもてたのかもしれません。

喋れなくとも、ベビーサインができなくとも、仕草や表情でなにがしたいのか分かる様になってきました。

そして、肝心のベビーサインですが、覚えて欲しいと毎日欠かさずやっていたものはまだ出来ていません。

その代わり、バイバイ、ふきふき(床や机を綺麗にしたい時)、さらには嬉しい時や美味しい時のパチンパチンと目を閉じるしぐさを覚えました。

これらは覚えさせようとやっていたものではなく、日常のなかで自然に子供とやっていた事でした。

やはりやらせようとするのではなく、子供の意思で楽しく自然に覚える事ができるのが1番だとおもいました。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)