知育について

就寝前の絵本の読み聞かせ

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典

 images

知育や勉強法を実施した時のお子様の年齢を教えてください。

4歳

知育や勉強法を実施した内容を教えてください。

四歳から五歳までの1年間、毎日絵本の読み聞かせをしました。

方法は至って簡単。

毎日就寝前の10分から15分を絵本の時間とし、子供がその日の気分で選んできた絵本を読み聞かせます。

時には2冊になったり、時には難しくて気が散った様子で手遊びをしていたりしました。

しかし、絵本の魅力はページをめくるごとに鮮やかな絵の世界が現れること。

ページが変われば手遊びも自然ととまり、また絵本の世界に引き込まれます。

何度も読んでいる絵本は、

どうして主人公はこんなことをしたのかな?

と質問し、思っていること、見えていることを言葉にして伝えさせました

理解力や想像力を確かめる目的もあります。

何ヵ月か読んでいくと、興味のある分野がみえてきます。

うちの場合、宇宙や動物のお話に興味がありました

でも、新調する絵本は、その分野のものは買いませんでした。

読み聞かせをする1年間は、子供のもっている世界観、視野を広げてほしい思いもありましたので、色々なジャンルの絵本を読み聞かせたかったからです。

興味のある宇宙や動物の分野は、また別に図鑑を買いました。

知育や勉強法を実施した結果どうなりましたか?効果はありましたか?

現在、読み聞かせをした子供は六歳ですが、本との上手なつきあい方ができていると思います。

小学校にあがって、友達と遊ぶことや、ゲームなど楽しいことがたくさん増えたにもかかわらず、今でも寝る前に絵本、図鑑などに向き合う時間を自ら作っています。

学校の宿題で、音読練習を毎日しなくてはなりませんが、それも難なくサラッと終わらせてしまいます。

課題図書として週に1度、本を借りてきて読むという宿題も寝る前に40分以上取り組んだりしています。

周りのお母さんたちの話をきくと、読ませることが大変で、課題図書なんて1度も読んだためしがないとよくききます。

また、文字をある程度自分で読める年齢なので、なにか気になることや、TVで言っていたことがわからないときは、自分で図鑑をひらき、目次から項目を見つけ出し、調べる癖がつきました。

寝る前に読むことで、リラックスし、じっとする時間を過ごすことができるので、身体が睡眠モードになるようです。

テレビなど見せると興奮してしまいますが、そういった刺激もないので、寝入りも早く助かっています。

また、たまに、四歳の頃みたいに一緒にお布団に入ってこの本読んで、とお願いしてきますが、肌と肌をくっつけて読むこの時間は子供だけでなく、私もリラックスできるとても貴重な時間です。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)