幼児期の好き嫌い

子どもの「好き嫌い」をさせない食育

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典cry_girl

子どもの「好き嫌い」をさせない食育

食べ物の嗜好がはっきりしてくると、子どもの好き嫌いに悩むお母さんも少なくないでしょう。

好きなもの以外は全く食べない子もいるでしょう。

あの手、この手を尽くしても頑なに食べないのです。

そんな時は、一体どうすれば良いのでしょうか。

答えは簡単です。

しばらく放っておきましょう。

子どもが食べないことが心配のあまり、「好きなものだけでも食べて。」と言っていませんか。

これは、好き嫌いを容認してしまう発言です。

放っておくとは、「これを食べないなら他には何もないよ。」と貫き通して、放っておくということです。

そして、食べずにご飯が終了し、後から「お腹が空いた」と言うこともあるでしょう。

そんな時、次の食事まで食べさせないという姿勢を貫き通せますか。

「かわいそうだから」と食べさせてしまいそうになってはいませんか。

そんな葛藤がある時は、本当にかわいそうな事は何かを一度、考えてみてください。

子どもが空腹であることがかわいそうなのか。

泣いていることがかわいそうなのか。

本当にかわいそうなことは、親に一貫性がないために、多くのことを学びそこなってしまう子どもの将来のほうが、かわいそうなことではないでしょうか。

食べることは、日々感じられる大切な命の営みです。

たとえば、食事の前に「いただきます」という事は、「あなたの命を私の命のために頂きます」という意味です。

そのような事を幼い頃から教えていくことによって、食に対する考え方は大きく違ってきます。

食べる前には「いただきます」というものだという事だけでは、食べ物に対する感謝の気持ちが育ちません。

食卓は、感謝の気持ちを学ぶ大切な時間なのです。

今は好き嫌いがあっても、このようなことを、教え続けていくことで、好き嫌いがなおることもあります。

親の姿勢がしっかりしていないと、いつまでたっても、好き嫌いはなおりません。

自分の中にも原因がないかどうかを見直してみましょう。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)