育児・子育て

子どもに甘い市販のお菓子を買ってあげるべきか?

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典IMG_0601-240x360

子どもに甘い市販のお菓子を買ってあげるべきか?:甘い市販のお菓子との付き合い方

世のお母さん方の大きな悩みの一つがこれでしょう。

離乳期が終わり、少しずつ大人と同じような食事ができるようになると、お菓子の与え方に悩む場面が出てくることでしょう。

特に甘いお菓子は、体のミネラルバランスを崩しやすいので、食べ過ぎるとカルシウム不足が起こり、イライラしやすくなることがあります。砂糖の摂りすぎは、意外かもしれませんが、低血糖を引き起こします。

そして、体、頭、心の働きを鈍らせます。

砂糖は1日に体重1kgあたり1gまでとするのが栄養学的には望ましいとされています。

また虫歯も気になるところです。

お菓子を多量に食べることが日常化することは、体にも心にもマイナスのことなのです。

家庭でのおやつの時間は、おにぎりやパンとチョコなどというように、おにぎりやパンはお腹を満たすもの、チョコは心を満たすものというふうに、工夫をしてみてはいかがでしょうか。

また、3歳くらいになると、大人の言うこともだいぶ理解できるようになってきますので、「体はご飯でできていて、ご飯は栄養があるけれど、お菓子は栄養がなくて虫歯や病気になっちゃう」と説明すると理解できる子もいます。

しかし、いくら体に良くないとは言っても、「わが子には絶対に何があってもお菓子は食べさせない」と頑なに拒否することも考えものです。それはそれで、また別の悪影響が出てきます。

たとえば、家ではお菓子を一切、与えてなくても、友達の家に行ってお菓子を出されます。

そんな時に、反動で「今だ!」とばかりに沢山食べてしまう子がいます。

また、お菓子を禁止しているのに、おばあちゃんが与えるので、そのことがストレスとなり、おばあちゃんが疎ましく思えてしまうお母さんもいます。

人間は社会の中で生きるもの。家庭の中で、お母さんと子どもだけで生きていくわけにはいきません。

たまにお菓子を食べたくらいでは、生命に関わるようなことはありません。

広い心で、よい加減に肩の力を抜いてみることも大切です。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)