親の心得

子どもを脅す叱り方っていいの?

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典situke

子どもを脅す叱り方っていいの?

昔はよく「言うことを聞かないと鬼がくるよ!」などと子どもを脅すような叱り方をして、言うことを聞かせることもよくありました。

自分が子どもの頃を思い出してみても、「そんなことがあったなあ」と思う人は多いのではないでしょうか。

もちろん昔話などでは、こうして子どもを脅すことで「よい事をしなさい、悪いことをしてはいけない」ということを自然と教えていたため、脅すような叱り方が絶対によくないとは言えません。

しかし今の子どもは昔よりもませている子が多く、こんな言い方がいつまで通用するのかは昔とは違ってきているようです。

昔は小学生くらいまでならば、こうした脅しの叱り方が通用したかもしれません。

しかし今はせいぜい小学校の低学年くらいまでではないでしょうか。

早い子であれば、幼稚園や保育園児でもこうした叱り方が通用しない子もいます。

そんな子にこうした叱り方をすれば、「大人なのにこんなバカなウソをつくなんて」と子どもからの信用をなくしてしまうことにもなりかねないでしょう。

そんなときはむしろ初めから本当の事を伝えるほうがよほど効果的だと思われます。

例えば「そんなことをすると、○○ちゃんが困るからしてはいけないよ」「こういうことをすると○○さんが辛い思いをするからダメなんだよ」など、子どもの理解できる言葉で伝えていきます。

真剣に話をすれば、たとえ子どもでも「やってはいけないことなんだ」と十分理解できるはずです。

そもそも「オバケが出るから」「鬼が来るから」といった脅しの叱り方は、「子どもはなにを言ってもわからないから、怖がらせていうことを聞かせるのだ」という考え方が根底にあります。

しかし子どもも今時そんなに簡単には騙されないものであり、小さな子どもでもおっ証券名伝えれば必ずわかるようになるのです。

子どもにしつけやルールを教える時に大切なことは恐怖を与えることではなく、大人と子どもの信頼関係ではないでしょうか。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)