親の心得

ゲーム機を与えると暴力的な子になるって本当?

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典game_friends_keitai

ゲーム機を与えると暴力的な子になるって本当?

最近では小さいうちからゲームをするのが当たり前の時代になってきました。

そこには、ゲーム機がなくても携帯電話やパソコンなどで簡単にゲームができるようになったという社会的な背景も要因として挙げられます。

ゲームがないと友達の輪に入れないということも時としてあるようです。

しかし親としてはゲームをするよりも本を読んだり外遊びをしてほしい、という気持ちからゲームを与えることを躊躇する人も多いでしょう。

またゲームを与えると暴力的になるのではと心配する親御さんも少なくありません。

ゲームは一体いつごろから与えても良いものなのでしょうか。

少年犯罪が起こるとゲームとの関係性が取り上げられることも多いため、「ゲーム=子どもに有害」と深刻にとらえている人もいますが、実際ゲームをしたら、直ちに脳にダメージが起きたり凶暴な人間になるかと言えばそうではありません。

ただし最近のオンラインゲームなどは特に依存性が高いと言われていることは事実です。

そのためゲームをやらせ放題というのはやはりよくありません。

例えば「1日2時間」「夜7時まで」といったルールを子どもとの間で決めておくことが大切です。

そして万が一そのルールを守れなかった時には、強制的に終了させるなどそれなりの対処をする必要があります。

また、最近ではゲームを持っていないと子ども同士の友達の輪に入れないこともしばしばあります。

そのためゲーム機を子どもに買い与えるかどうかは、周りの状況に応じて判断するのが良いでしょう。

友達の8,9割がゲーム機を持っていて、持っていないと遊べないようであれば買ってやったほうが良いかもしれませんし、逆にまだ半分くらいの子がゲーム機を持っていないようであれば、もうしばらく様子を見ても良いでしょう。

今の子どもたちにとっては、ゲームも立派な1つのコミュニケーション手段であり、子どもたちの生活の一部になっているとも言えるでしょう。

「もっと外遊びをしてほしい」という場合には、親がまず手本を示すことが大切です。

例えば休みの日に親が家でごろごろしていては、子どもが外遊びをするはずがありません。

親も休日には公園で子どもと一緒に遊んだり、野外でキャンプをするなど外での活動を積極的にすることが大事です。

こうした外遊びを通じて、子ども自身が熱中できるスポーツを見つけることもできるはずです。

親が子どもにゲームを与えることを躊躇する理由として、ゲームの暴力性ということが挙げられます。

確かに暴力的な映像にさらされ続けると人は暴力的になると言われており、ゲームの影響もゼロではないようです。

しかしそれ以上に問題なのは、「家庭での体罰」、いわゆるDVなのです。

キレやすかったり暴力的な子ども生育歴を調べてみると、暴力的なゲームをずっとやっていたことはほとんどありません。

それよりも、「家庭で繰り返し体罰を受けていた」「親の暴力を見ていた」という子どものほうが圧倒的に多いのです。

つまり子どもたちに悪影響を与えているのは、ゲームではなく現実社会に起こる家庭内暴力や体罰なのです。

日本の社会には、昔から体罰容認の考え方が根底にあります。

まずはこの考え方をやめ、家庭での体罰や暴力を徹底的になくしていくことが、子どもの暴力性を抑える事につながるのです。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)