親の心得

叱られ過ぎて育った子どもはどうなる?

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典akkanbe_girl

叱られ過ぎて育った子どもはどうなる?

大人の中には「親がもっと厳しく叱らないから子どもがダメになるのだ」という考えを持っている人もいると思います。

特に「最近の親は叱らない。昔のほうが厳しく叱っていた」と言われることもしばしばです。

しかしそれは決して正しくはありません。

確かに子どものことを考え真剣に叱ることはとても大切です。

例えば人や自分の命にかかわるような危険な行為や、人に迷惑をかけるような行為、ルールを無視した行為を子どもがした時には、親は自分の命を懸けてでも厳しく叱る必要があり、それは親の責任であると言えます。

ダメなことはダメだとはっきり伝え、親がぶれることなくしっかり規範を示してやることが大切です。

しかし厳しくしつけようとするあまり、子どもの気持ちを全く考えないで頭ごなしに非難したり、一方的に否定することが多くなることも事実です。

ところ構わず大声で叱ったり、時には叩いたりして子どもを従わせることもあると思います。

こうして厳しく叱られ続けてしまうと、子どもは知らず知らずのうちに「手のかからないいい子」になってしまうことがあります。

大人からしてみれば、「手のかからないいい子」になるなんてよい事じゃないかと思う人もいるかもしれません。

しかし厳しく叱られてしつけられた子どもは、本当に「手のかからないいい子」になっているわけではなく、「どうせ反発したって無駄なのだから」というあきらめが「手のかからないいい子」にさせてしまっているだけなのです。

いわば「いい子」の仮面をかぶっているだけなのです。

子どもというのは本来のびのびと育つものです。

そんな仮面をかぶり続け押さえつけられたままで、健全に成長できると思いますか?

おそらくそれは難しく、どこかで歪みが生じるはずです。

このように厳しくしつけられた「手のかからないいい子」のまま大きくなると、のちのちいつか問題行動や心配な症状が出てくる可能性が十分考えられるのです。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)