育児・知育の注目情報!

【子どもの呼びかけに答えよう】言葉の発達と日々の体験の関わり

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典ohanasi_color【子どもの呼びかけに答えよう】言葉の発達と日々の体験の関わり

ヒトは言語というものを習得することで、他者との人間関係を円滑にする能力を劇的に向上させました。では、赤ちゃんが言語能力を発達させるプロセスは、どのようになっているのでしょうか。

生まれたときから語りかけを

ヒトというものは、何か教育を施すなどの特別なことをしなくても、大変自然に「自分のコトバ」というものを話すようになります。

といっても、生まれ育った環境によって、かなりの差異は生じます。「アヴェロンの野生児」という話を御存じでしょうか。推定年齢12歳まで他者とかかわりを持たず、ひとりで森の中で生活していた少年は、その存在を発見され保護された後、周囲が言葉を習得させようと働きかけましたが、結局は獲得できなかったという話です。

これはかなり極端な例ですが、大抵の赤ちゃんは、この世に生をうけてすぐ、何かしらの言語に触れているものです。

例えば母親は授乳中に、「いっぱい飲んでね」「おいしい?」などと、赤ちゃんが言葉を理解しているかどうかを考えず、無意識に話しかけるものですし、赤ちゃんは赤ちゃんで、意味はわかっていないとしても、その言葉に触れています。

赤ちゃんなりの日常生活の中で、周囲の人たちからたくさんの語りかけをされることで、それはやがて出てくるその赤ちゃんの言語のベースとなるのです。

気持ちのやりとりが言葉を育てる

言葉は他者とのコミュニケーション方法にとって大変重要なものです。最近はブックスタートといって、4カ月ぐらいから赤ちゃんに絵本の読み聞かせをするようなムーブメントもあり、それはそれで重要な役割を果たしますが、実は、このような一方的な働きかけだけでは、コミュニケーション能力を豊かに育てることはできません。

大人があやしたら笑う、それを見て「かわいいな」と思った大人がまた話しかけるといった、キャッチボールのようなやりとりが必要なのです。こうして赤ちゃんは、「自分が笑うことで、大人は楽しくなって遊んでくれるらしい」といったところを、漠然とながらつかみ、わかっていくのです。

生まれたばかりの赤ちゃんが泣くのはいわば生理現象ですが、だんだんと成長し、3、4カ月目くらいになると、言葉は悪いけれど媚びたような、甘えたような泣き方をすることがあります。「私を見て」「構って」という訴えです。

さらに成長し、8カ月くらいになると、興味の対象などを指さすというしぐさが見られることがあります。大人はそれを見て、「これが欲しいの?」「これ好き?」「ニャーニャー(猫)かわいいねえ」などと応じたりします。

このようなやりとりこそが、赤ちゃんにとって人間としてのコミュニケーションの礎となり、言葉の発達につながるのです。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


ABOUT ME
みかんママ
2才の息子の育児に奔走している「みかんママ」です(¯M¯*) 育児・教育・知育・家事・便利グッズ・節約術・料理など様々な情報を配信するべくブログなどを運営しています。 趣味は料理、お菓子作り、温泉巡り、名探偵コナン、知育など家族で旅行や遊びに行くのが何よりの楽しみ! 健康やダイエットにも興味がありますが育児が一段落したらかな~ダイエット商品をレビューしながら日記も書きたいな(* >ω<) 夫はイクメンで私より家事育児が得意なくらいで、とても助かっております。メロンパパとして育児日記などに登場する事もありますので温かく見守ってやってください(笑) 子供の知育に力を入れていて、色々と楽しみながら実践しています。効果が出ているのか、物凄く好奇心旺盛で、よくしゃべり、よく暴れる(笑)元気な子に育ってくれています。 ブログや動画を通して、同じ育児ママ仲間に少しでも情報や育児の楽しさを共有していきたいと思います(*^▽^*)