育児・知育の注目情報!

親子で楽しめる!小さい子も自分でできるブルーベリー狩り

スポンサードリンク

%page_title% | 赤ちゃんから始める!幼児、子供にすべき知育大辞典7月中旬、初めて大分県九重にある、ブルーベリーの摘み取り観光農園に行ってきました。

うちの小さい子を連れてでも、家族でとっても楽しめましたので、ブルーベリー狩りを皆さんにご紹介できたらと思います!

低気圧や台風で天気が心配でしたが、当日は大雨のあとの晴れの日でした。

朝一の開園10時に合わせて到着するように行きました。開園すぐとあって、他に2~3家族くらいしか来ていなくて、ブルーベリー農園に入るまでの手続きは一切並ぶことはなかったです。農園内に併設されているカフェのレジで、まずは摘み取り食べ放題、お土産パックのお会計。

雨の後の、朝一キラキラ水滴が光るとても美しい時間帯に来れたな、とその情景にも感動していました。

「いろんな種類のブルーベリーの木が混在していますので、完全に熟れているものから摘みとって食べてください」とのことでした。ブルーベリーの果実は、一粒ずつ熟れていくそうです。なので、毎年6月中旬から8月末まで、安定して楽しむことができるようです。

フルーツ狩りの中でも、ブルーベリー狩りがオススメな理由

 

お安い!

地域や農園によって違うかとは思いますが、食べ放題の価格、持ち帰りの価格が、他の果物と比べてお安いのは魅力的だなとおもいました。私が行った農園は、時間無制限の食べ放題で大人(中学生以上)、一人500円、子供(小学生)300円、それより小さい子は無料でした。

完熟のブルーベリーを摘み取って、その場で食べてもよし、お土産用のカップ(中800円、小300円、カゴに好きなだけ摘んで量り売り)を別に買ったならそれに詰めてもよし。まずは心ゆくまで、ウロウロしながらいろいろな木々を回り、「この種類が好き!」「この木が甘い!」など、自分好みの木を見つけることをオススメします。

小さい子も、取り組みやすい

大人も初めてでしたが、3歳と1歳の子供たちの喜び具合にも、パパは大満足のようでした。大人から子供まで、みんな一緒に楽しめます。

いろいろな種類のブルーベリーの木があるので食べ比べしたり、誰が甘い完熟の実を見つけられるか競争したり、すぐに飽きるという事はなかったです。飽きないように、ヨーグルトを持っていくこともオススメだそうです。

3歳の子は、自分で摘み取ってカップに入れることがとても楽しそうでした。熟れたものの選別を教えてあげると、たまに赤い、まだ完熟ではないものも摘み取ってしまったり、それを食べて、「これ酸っぱい!」と熟れていないものの味の違いを学んだりしているようでした。「これがおいしいよ!」と大きくて濃い色のおいしそうな粒を持ってきてくれ、3歳児は学び多く、とても楽しんでいました。

1歳児は、足元に木片が敷き詰められていて柔らかかったので、たまに足を取られて転ぶこともありましたが、そもそも地面が柔らかいので大丈夫。目をキラキラさせて、自分で採った熟れていないブルーベリーや(まだ選別は難しい)、お兄ちゃんから摘んでもらったブルーベリー、たまに地面に落ちたブルーベリーを、美味しそうに食べていました。完全無農薬なので、摘んでそのまま安心して食べられてよかったです。

小さい子に関しては、落ちたものを口に入れてしまったり、たまに転んでしまったり、無農薬だからこそ、美味しい果実に虫さん(蟻や小さな幼虫など)がいることもあるので、そこは気にしてあげたほうがといいかなと思います。

雨が降った直後は、地面の木のパルプが柔らかく水を吸っていたり草に雨がついていたりして、雨が降っていなくても足元が結構濡れるので、レインブーツや長靴を持参されるのもおすすめです。

他のフルーツとちがい、あまり店頭にならばない?

地域性もあるのか?私の地域でこんなにもフレッシュなブルーベリーには店頭で出会うことはなく、ほとんど見たことがありません。普段既製品のジャムやソース、香料くらいでしか出会わないので、初めて摘み取ったばかりのブルーベリーをいただいて、衝撃を受けました。

 

 

お手軽ジャムレシピ

持ち帰ったブルーベリーは子供と一緒にお手軽ジャムにして楽しみました。

レンジでチンで簡単おいしい!

コップに100グラムくらいのブルーベリーとお砂糖大さじ2くらいを入れ、そのままレンジでチン。500ワットで3分を、かき混ぜて様子を見ながら、2~3回繰り返します。

消毒した容器に移して、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存。何にも入れていないので、なるべく早く食べきりましょう。

まとめ

ブルーベリー狩りは、

  • お財布に優しく
  • 小さい子供から大人まで、親子で楽しめる
  • 持ち帰った後、ジャムづくりも一緒にできる

以上のことから、ブルーベリー狩りは小さい子供さんがいるご家族でも、摘み取りからジャムづくりまで、親子一緒に楽しめるオススメの果実狩りです!



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ